ケアプロストと目元がパッチリな女性

まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いとは

魅力的なまつ毛の特徴は、長さがあって濃く、艶のあるまつ毛です。
まつ毛は女性らしさの象徴とも言え、優秀な効果を発揮するマスカラやつけまつ毛が盛んに使われています。
最近では、元々のまつ毛を美しく育てるという発想が出てくるようになり、頭髪のトリートメントや育毛剤のように、まつ毛にも相応しいケアをする人が増えました。

まつ毛をケアする時にはまつげ育毛剤やまつ毛美容液を購入しますが、ドラッグストアやバラエティショップなどの売り場には、まつ毛ケア用品としてひとくくりにされて陳列している場合が多く、選ぶ時に違いがよくわかりません。
基本的に、まつげ育毛剤はまつ毛を長くして、濃くするというのが主な効果です。
生まれつきまつ毛が短い人や薄い人、抜けてしまった人などが使いますが、より長さを出したい人やもっと濃くしてボリュームを出したい人も使います。

一方、まつ毛美容液は、度重なるマスカラによるまつ毛の切れ毛など、パサついて傷んだ状態を回復させるために使います。
まつ毛に栄養分を与え、キューティクルを整えます。

まつげ育毛剤に、美容成分が一緒に配合されているものがほとんどですが、大きな違いを挙げると「まつ毛を生やす」と「まつ毛を守る」の違いがあります。
パッケージを見ただけではどちらの効果を狙ったものなのか、いまいちよくわからない表現をしている製品がよくあります。
価格で見ると、まつ毛美容液の方が値段が少し安い傾向にありますが、間違えやすいので、インターネットや口コミで調べてから、具体的な製品を決めて購入する方が良いです。
まつげ育毛剤の場合は、医薬品のものとそうでないものがあります。医薬品であれば、何らかの副作用が出る可能性もありますので、使用の際は注意が必要です。

人気の記事