ケアプロストと目元がパッチリな女性

正しいスキンケアの基本はやっぱり洗顔

スキンケアの基本であり、実は最も大切なのが、毎日のようにしている洗顔です。ですから洗顔は、正しい方法で行うことが大切になります。もしもスキンケアで洗顔を怠り、汚れた毛穴のままで高級な化粧品を使ったら、それはマイナスの要素になります。せっかくの高級な美容成分は浸透しないどころか、肌荒れに拍車をかけることにもなりかねないのです。ですから正しい洗顔方法をマスターするのが重要になります。

顔を洗う前には、最初に自分の両手を洗って清潔にしましょう。目には見えませんが、手にはたくさんの雑菌が存在します。そのままの不生成な状態で顔に触るのは、肌へ雑菌を移動させてしまうことになります。手を洗ったら、顔を軽くぬるま湯で洗います。そのあとで、肌にとって優しい成分の石鹸をよく泡だてて使います。洗顔フォームなどでも、洗浄成分が強いものを使い続けると、ニキビや肌荒れになりやすくなる可能性があります。洗顔フォームではなく、肌に優しい石鹸がよいでしょう。

顔は手でこすり洗いをするのではなく、泡立てた泡でマッサージするように洗います。泡の弾力で洗いますから、かなり肌にも気持ちのいい洗顔です。Tゾーンを中心に洗い、皮膚の薄い目元や口周りは、軽く泡を置く程度で、こすらないようにします。すすぎはキレイなぬるま湯で、しっかりと洗浄成分も洗い流しましょう。髪の毛の生え際なども、すすぎ残しなく洗うことです。

顔を洗ったとは、清潔で柔らかいタオルを浸かって水分を拭き取りましょう。ゴワゴワしたタオルは肌に負担となるので、新しい柔らかいタオルをおろして使うといいです。そのあとはできるだけ早く、化粧水や美容クリームでスキンケアをします。

人気の記事