ケアプロストと目元がパッチリな女性

正しいスキンケア化粧品の選び方

化粧水や乳液、美容液やクリームといった基礎化粧品、人気があるから、何となくと言う理由で購入するケースも少なくありません。
基礎化粧品はいわば、肌の土台をつくるアイテムです。
自分の肌質に合わないものを使うと、健康な肌をキープできないだけでなく、様々な肌トラブルを招きやすくなります。

ですので、自分の肌質に合った基礎化粧品を選び、スキンケアを行いましょう。

女性に多い乾燥肌は、肌の水分量と油分量、共に少ない状態です。
このような場合は、しっかり潤いを与えるスキンケアで、乾燥を改善する必要があります。
乾燥肌の場合、ヒアルロン酸など保水力に優れた成分を含む、基礎化粧品がお勧めです。

逆に皮脂分泌が多い油脂肌の場合は、皮脂を抑える必要があります。
オイルなど油分の多い基礎化粧品を使うと、油分が過剰になりニキビを引き起こしやすくなる為、注意が必要です。
油脂肌の場合は、オイルカットしているジェルの基礎化粧品なら、使い心地がサッパリとしているので、使いやすいでしょう。
また、ビタミンC誘導体という成分は、過剰な皮脂分泌を抑える作用があるので、油脂肌の方に向いています。

おでこなどTゾーンはべたつくけれど、頬などは乾燥するといった混合肌の場合、基礎化粧品を使い分けるスキンケアがお勧めです。
皮脂が多い部分は油脂症肌に向いている化粧品を、乾燥している部分は乾燥肌の方にお勧めの基礎化粧品でケアすれば、症状を緩和する効果が期待できます。

ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こす敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。
敏感肌はバリア機能をアップする作用のある、セラミド配合の基礎化粧品がお勧めです。
また、アルコールや香料といった肌に刺激となる成分や、ビタミンC誘導体など皮脂を少なくする成分を配合した基礎化粧品だと、余計に肌が敏感になってしまう恐れがある為、できるだけシンプルな処方で作られた基礎化粧品を選びましょう。

人気の記事